イヤイヤ期の凄まじさについて。

現在2歳になる娘がいます。自我が強くなり自己主張もかなりするようになってきました。まだ言葉が話せないので、本人はイライラするようで上手く伝えられないと癇癪を起こすようになりました。いわゆるイヤイヤ期です。

 
癇癪を起こすと手がつけられなくなります。物は投げるし、叩いたり引っ掻いたり噛みついたりと人が変わったかのように攻撃的になります。この時期は少なからず皆こんな感じだと周りからは言われますが、私の性格上イライラしてしまいます。

 

育児書や保健師さんからは「共感してあげてください」と言われますが、24時間一緒なのにずっと共感してあげるなんて過酷すぎると思ってしまいます。私が共感して欲しいくらいだ、とさえ思ってしまうほどです。

 
それでも共感することはいつも頭の隅に置いています。実行できる時と出来ない時があり、できない時はきつく叱ってしまったり怒鳴ったりして娘に悲しい思いをさせてしまいます。

 

その後娘に謝って抱き締めて仲直り、というパターンなのですが、もっと心を広く持ちたいなぁと思います。こんな未熟な母ですが、嬉しそうに抱きついてくる娘が愛おしく、明日からまた頑張ろうと心に決めるのでした。