子供の習い事の選び方(ピアノ)

子供にいろいろな習い事をさせたいと思うのは親心。これもあれもと考えてしまいますよね。我が家では、今、ピアノを習わせています。最初はピアノというより、歌を歌ったり、リトミックに近い形式でしたが、徐々にピアノに絞られてきました。この習い事は子供の意思というよりも、母親の意見です。母は楽器を習った経験がなく、ピアノを弾く事、楽譜を読める事に今も憧れ、幼少期にそれが出来なかった事を後悔しています。そして、「子供の耳(特に音楽に対する)は、7歳までに出来上がる」と聞き、しっかり耳を育ててあげよう、そう思い習い始めたわけです。数ある習い事がありますが、時期を逸してしまうと取り返せない学習もあると思います。このような芸術系、体操等、才能が小さい時の訓練によって開花していく習い事は人生も左右するかもしれません。習い事を始める時期の見極め、これは親が考えて与えてあげる大切なプレゼントになります。そして、「辞める」とくじけそうな時の励ましを含め、継続させていくことがとても大事です。子供の才能の芽をしっかり育てる方法を身に着けたいものですね。