キリが無いリフォーム

リフォーム関係の仕事をしてました。

総合建築として一戸建て全て専門でしてましたのでだいたいの相場や一般的に多い直し方などは分かっているつもりです。

仕事についてみて思った事なんですが、リフォームも結局トータルするとかなり金額かかってしまっていたと言うケースが多いと言う事です。

ここ最近リフォームはされてる方は確かに多いです。

特に水回りが多いです。

何故かと言うと水回りの設備は家の中でも特に劣化が起こりやすいからです。

リフォームのきっかけとしてはだいたいの場合が、トイレやお風呂にガタが来て水漏れを起こし、業者に相談したらリフォームしないといけない状態だったからリフォームをしたと言う場合が多いと思います。

そして水漏れが原因だった時に更に大変なのが、設備周りの土台の木材が水を吸って痛んでしまってるので座板の張り替えもしないといけない時が多いんです。

そして座より下に漏れた水からシロアリが来る事を想定もしなければいけないのでシロアリの消毒もしないといけなくなるでしょう。

水回りだけでもこれだけの量のリフォームやメンテナンスが必要になって来ます。

そして30年ほど前のお家なら水道管なども昔の材料鉄の配管を使ってるのでサビが来て水漏れを起こす可能性があるので水道管リフォームも必要になります。

とにかく全体的に言える事なのですが、どーしても昔の設備と今の設備は使い勝手が違います。

キッチンに関しても収納しやすさが違いますし、家も昔の家と違って断熱の効果がかなり凄いので快適さが違います。

最近の家は駐車場が広い所が多いのも特徴です。

とにかく良くしようと思ったらそれはそれでキリが無いのですが、年数が経つとどの場所であれガタが少しずつ来てしまうので必ずメンテナンス費用は最低限かかりますし、設備にしてもどんどん昔より良い物が出て来ているので、金額面でも今後の使いやすさでもリフォームを色んな箇所にかけて行くよりもいっそのこと全部新築にしてしまった方が良いんじゃないかと思います。