中古物件の購入での大きな落とし穴

私はこれまで10年以上、賃貸マンションに住んでおりましたが、更新をきっかけに一戸建ての購入に踏み切りました。

しかし、思い立ったのが遅かったため、現在の賃貸マンションの更新までは一年程度しか時間がなく、非常にあわただしい物件探しとなってしまいました。

家の購入と、賃貸の引越を同等に考えていた浅はかさが原因なので誰も責めることはできませんが。

当然、今から新築を建てるのでは時間が足りませんので、必然的に建売か、中古のどちらかになります。

様々な物件の内見を重ねましたが、建売は外見ばかりがきれいで、あまり気に入るものが見つかりませんでした。

そこで見つけたのが、ひとつの中古物件。すぐに気に入り、購入の契約となりました。

さて、内装のリフォームも終わり、住んでみてから気付いたのですが、築年数が40年以上の物件は、家屋購入に関する税金補助の対象にならないんですね。

それも、気付いたのは会社の年末調整書類を書いているさ中。

もちろん、もう後には引けませんので、泣く泣く損をしたなぁと思いながら日々を送る羽目になってしまいました。

皆様も、中古物件の築年数にはお気を付けください。