中古住宅は築10年を超えるかどうかが目安

中古住宅は築10年を超えるかどうかが、購入のひとつの目安だと思います。やっぱり築10年を超えますと、新築住宅でもどこかしらにガタが出てくるものですからね。そしてだからこそ、中古住宅ならば築10年以上の物件はいろいろと細かくチェックするのがいいでしょう。

中古マンションの場合は、築15年ぐらいまで大丈夫なようにも思うのですが、マンションの場合は戸建ての注文住宅とは違い、住宅設備が少し古めのものが入っていたりしますからね。マンション完成時の設備は、新品は新品なのですが少しだけ前の型落ち的な設備だったりすることもありますから。ですから設備だけ一足早めにリフォームすることになったりもしますので。

ただ、築20年が経過している中古一戸建て住宅でも、リフォーム済みだという物件ならば、そのリフォームした項目によっては購入を考えてもいいでしょう。ただ、「いつどこをリフォームしたのか?」といったことはしっかり聞いておくのがいいでしょう。リフォームをした項目によって、中古住宅購入後のリフォーム負担がわかりますからね。そしてその住宅を買う価値があるのかどうかといって答えも出せるわけです。